重陽の節句~保育編~

【重陽の節句】 みなさんはご存知ですか?

 一番大きな陽数(9)が重なる9月9日を「陽が重なる」と書いて『重陽』と定められました。

 花びらが幾重にも重なり、また寿命が延びると言われる菊を主役に据え、「繁栄」「不老長寿」を願う行事として行われてきました。

 保育園でも子どもたちにわかるように『重陽の節句』のお話をし、重陽の節句にちなんだお遊びをしました。

 

 本物の菊の花に触れ、香りをかいだり花びらに触ってみたり。。。

その後は菊の花びらに見立てた紙で作った花びらのフラワーシャワーを楽しみました♪

 また1,2歳児は五節句クイズもしました。

なんとみんな全問正解! すごいね~!!

 

 0から2歳には菊を食べるといったことは難しいため、今回は「食」としての提供ではなく、遊びを通して「学ぶ」ことで重陽の節句を感じてもらいました。

 

 今後「食」の面では、十五夜・秋分をかねての楽しい献立を考えておりますのでお楽しみに♪